医療法人 修命会 土佐清水病院|癌|膠原病|アトピー|高知県土佐清水市

qrcode.png
http://tosashimizu-hospital.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

研究論文(免疫・難病)

 

免疫、難病

免疫、難病
 
List of Publication by Y. Niwa
1 Immune deficiency states and immune imbalance in systemic lupus erythematosus and other autoimmune diseases.
著者 Y. Niwa, T. Kanoh
Clin. Immunol. Immunopathol 12:289p~300p  1979年
2 Immunological behaviour following rubella infection
著者 Y. Niwa, T. Kanoh
Clin. Exp. Immunol 37:470p~476p  1979年
3 Effect of glucocorticosteroid therapy on the immune system of patients with nonimmunologically mediated dermatoses.
著者 Y. Niwa, M.M. Yokoyama
J. Clin. Lab. Immunol 6:147p~155p  1981年
4 Increased double marker lymphocytes in systemic lupus erythematosus and lymphoproliferative disorders.
著者 Y. Niwa, D.W. Ou, J.P. Waterhouse, M.M. Yokoyama, S. Miyake
J. Clin. Lab. Immunol 7:105p~110p  1982年
5 Studies on the dinitrochlorobenzene (DNCB) sensitization test.
著者 Y. Niwa, H. Niwa, J. Kohmura, D.W. Ou, M.M. Yokoyama
Ann. Allergy 48:108p~112p  1982年
6 Transient autoantibodies with elevated complement levels in common viral diseases.
著者 Y. Niwa, T, Sakane, T. Kanoh, S. Shichijo, M.D. Wiederhold, M.M. Yokoyama
J. Clin. Lab. Immunol 13:183p~188p  1984年
7 Modulation of the immunoreactivity of a T-lymphocyte subpopulation by neutrophil-released prostaglandin.
著者 Y. Niwa, T. Sakane, Y. Fukuda, Y. Miyachi, T. Kanoh
J. Clin. Lab. Immunol 17:37p~44p  1985年
8 Serum albumin metabolism in rheumatic diseases: Relationship to corticosteroids and peptic ulcer.
著者 Y. Niwa, A. Iio, G. Niwa, T. Sakane, T. Tsunematsu, T. Kanoh
J. Clin. Lab. Immunol. 31:11p~16p  1990年
 
List of Publication
1 Analysis of interleukin-2 activity in patients with Behçet’s disease.
著者 T. Sakane, N. Suzuki, Y. Ueda, S. Takada, Y. Murakawa, T. Hoshino, Y. Niwa, T. Tsunematsu
Arthritis Rheum. 29:371p~378p  1986年
2 Antioxidant activity of synovial fluid, hyaluronic acid, and two subcomponents of hyaluronic acid. Synovial fluid scavenging effect is enhanced in rheumatois arthritis patients.
著者 H. Sato, T. Takahashi, H. Ide, T. Fukushima, M. Tabata, F. Sekine, K. Kobayashi, M. Negishi, Y. Niwa
Arthritis Rheum. 31:63p~71p  1988年
3 Cutaneous lesions in  heavy-chain disease.
著者 T. Kanoh, M. Takigawa, Y. Niwa
Arch. Dermatol. 124:1538p~1540p  1988年
4 Involvement of interleukin-1-like factor(s) in type II collagen-induced arthritis in mice.
著者 T. Kasama, K. Kobayashi, H. Kanemitsu, K. Nakatani, S. Kaga, N. Yamagata, M. Negishi, H. Ide, T. Takahashi, Y. Niwa
Immunol. Lett. 3:171p~175p  1990年
 
邦文一般論文(原著)
1 A case of Rothmund’s syndrome (Forme fruste)(ロスムンド症候群の1症例―不完全型)
著者 丹羽 靭負,大桑 裕
SKIN RESEARCH 10:669p~678p  1968年
2 免疫不全を伴った薬物アレルギーの1症例
著者 丹羽 靭負,藤本 典男,加納 正,山田 瑞穂
臨床免疫 2:475p~482p  1970年
3 IgA単独欠損症について
著者 丹羽 靭負,山田 瑞穂,仁木 洋子,加納 正
臨床免疫 2:647―656,1971 2:647p~656p  1971年
4 自己免疫疾患における免疫不全症
著者 丹羽 靭負,加納 正
最新医学 26:591p~607p  1971年
5 SLE及び汎発性鞏皮症にみられたMLCにおける幼弱化率の低下
著者 丹羽 靭負,山田 瑞穂
日皮会誌 81:894p~894p  1971年
6 アミノベンジールペニシリンで惹起されたPN及び過敏性血管炎の重篤な1症例
著者 丹羽 靭負,山田 瑞穂
日赤医学誌 26:20p~23p  1973年
7 IgA単独欠損症の発生病理の研究・・・獲得性IgA単独欠損の3症例について
著者 丹羽 靭負,加納 正,仁木 洋子
日内会誌 64:1354p~1360p  1975年
8 副腎皮質ホルモン長期投与の免疫機構に及ぼす影響について
著者 丹羽 靭負
アレルギー 25:714p~726p  1976年
9 necrotizing lymphadenitisの組織所見を呈する患者にみられる免疫学的検索
著者 丹羽 靭負
臨床免疫 10:232p~232p  1978年
10 種々の免疫反応にみられる補体値及びCH50の変動について
著者 丹羽 靭負
日血会誌 41:209p~209p  1978年
11 薬物アレルギー,ウイルス疾患群及び急性細菌感染症にみられるリンパ球分類の変動
著者 丹羽 靭負
日内会誌 67:458p~458p  1978年
12 アトピー皮膚炎と水痘II。水痘罹患時におけるアトピー皮膚炎の一時的軽快について
著者 丹羽 靭負,太藤 重夫
皮膚科紀要 74:139p~145p  1979年
13 SRBCとImmunobeadsを用いたMixed Rosette Assay法によるヒトリンパ球Subpopulationの測定
著者 丹羽 靭負,松尾 良信,横山 三男
免疫実験操作法 8:2515p~2521p  1979年
14 Immunobeadsを使用した好中球の貪食能測定法について
著者 丹羽 靭負,松尾 良信,横山 三男,松井 良樹
免疫実験操作法 8:2575p~2581p  1979年
15 Immunobeadsを使用した好中球の貪食能検査法
著者 丹羽 靭負,松尾 良信,横山 三男,松井 良樹
医学のあゆみ 111:626p~631p  1979年
16 Liposomal encapsulated SODの薬理作用機序とBehçet病患者治療結果について
著者 丹羽 靭負,石本 浩市
厚生省特定疾患ベーチェット病調査研究班昭和57年度研究業績集, 278p~282p  1983年
17 川崎病患者にみられる好中球機能亢進について―増産された活性酸素産生能と,冠動脈障害の関連についての検討―
著者 丹羽 靭負,柳田 一朗,宗宮 教壹
臨床血液 25:619p~626p  1984年
18 Behçet病並びに種々の疾患患者にみられる細胞膜燐脂質酵素活性の測定
著者 丹羽 靭負
厚生省特定疾患ベーチェット病調査研究班昭和58年度研究業績集, 119p~125p  1984年
19 Liposomal-encapsulated SODの治療効果及びその化学構造作用機序・適用についての示唆(第2報)
著者 丹羽 靭負,山本 修二
厚生省特定疾患ベーチェット病調査研究班昭和58年度研究業績集, 248p~254p  1984年
20 小児腸管ベーチェット病に使用したOP1206・α-CD及びLiposomal SODの効果
著者 丹羽 靭負,前田 麻子
厚生省特定疾患ベーチェット病調査研究班昭和58年度研究業績集, 270p~277p  1984年
21 ベーチェット病の臨床と病理・・・激しい嘔吐で再燃し,neuro-Behçetの疑われた小児intestinal Behçetの一例
著者 丹羽 靭負
厚生省特定疾患ベーチェット病調査研究班昭和59年度研究業績集, 46p~52p  1985年
22 Behçet病患者好中球・リンパ球のPI turnover測定結果
著者 丹羽 靭負,上田 通章,有沢 速雄
厚生省特定疾患ベーチェット病調査研究班昭和59年度研究業績集, 176p~179p  1985年
23 自己免疫疾患と活性酸素
著者 丹羽 靭負
実験医学 4:1108-1115,1986 4:1108p~1115p  1986年
24 シンポジウム4.ベーチェット病と活性酸素
著者 丹羽 靭負
厚生省特定疾患ベーチェット病調査研究班昭和60年度研究業績集, 23p~29p  1986年
25 Behçet病を含む炎症疾患患者の白血病細胞膜燐脂質酵素活性の測定結果―minor,major pathway以外の第三のpathwayの意義についての検討―
著者 丹羽 靭負
厚生省特定疾患ベーチェット病調査研究班昭和60年度研究業績集, 95p~101p  1986年
26 Behçet氏病を含む炎症性疾患患者の白血球PAF(platelet-activating factor)合成酵素の測定
著者 丹羽 靭負,尾崎 由基男
厚生省特定疾患ベーチェット病調査研究班昭和60年度研究業績集, 135p~138p  1986年
27 Behçet病患者リンパ球にみられる好中球control systemの異常
著者 丹羽 靭負,坂根 剛
厚生省特定疾患ベーチェット病調査研究班昭和61年度研究業績集 99p~110p  1987年
28 Behçet病をはじめとする炎症性疾患患者白血球膜におけるphosphatidylserine decarboxylase activityの測定
著者 丹羽 靭負
厚生省特定疾患ベーチェット病調査研究班昭和61年度研究業績集 124p~133p  1987年
29 Behçet病患者リンパ球分泌上清中にみられる好中球機能亢進因子について
著者 丹羽 靭負
最新医学 43:294p~303p  1988年
30 最近の重症化するアトピー性皮膚炎の治療
著者 丹羽 靭負
アレルギーの臨床 17:126p~127p  1997年
 
 
邦文一般論文(総説、その他)
1 Pyoderma gangraenosumに対する免疫学的考察 ―免疫不全を合併したPyoderma gangraenosumの1例を中心に―
著者 丹羽 靭負,加納 正,山田 瑞穂
皮膚科の臨床 13:3-17, 1971 13:3p~17p  1971年
 
単行本(分担執筆)
1 「免疫・炎症・膠原病」(4.膠原病の治療 SOD製剤とその効果)メディカル葵出版,1991年
著者 .
メディカル葵出版,  1991年
医療法人 修命会
土佐清水病院
〒787-0306
高知県土佐清水市幸町5-3
TEL:0880-82-2511
FAX:0880-82-4925

------------------------------
1.癌治療
2.膠原病治療
3.アトピー性皮膚炎治療
--------------------------
<<医療法人 修命会 土佐清水病院>> 〒787-0306 高知県土佐清水市幸町5-3 TEL:0880-82-2511 FAX:0880-82-4925