医療法人 修命会 土佐清水病院|癌|膠原病|アトピー|高知県土佐清水市

qrcode.png
http://tosashimizu-hospital.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

アトピーになる人とならない人の違い

 

アトピーになる人とならない人の違いは何か?

アトピーになる人とならない人の違いは何か?
 

私の研究所で測定したところ、アトピー性皮膚炎の患者さんは、 健康人と比較すると不飽和脂肪酸が多く、SOD誘導能が低いという結果が出ています。

SOD誘導能(インダクション能)というのは、体内で活性酸素が 増えたときにSOD値を上昇させる能力を指します。活性酸素の害から 身体を守るうえで重要なのはこのSOD誘導能です。私の研究室で SOD値の測定を行ったところ、16歳から40歳までの青壮年層と 65歳以上の老人では10倍の開きが認められました。

SOD値は平均すると年齢、健康状態による差はあまり認められませんが、 活性酸素や過酸化脂質と関係した病気にかかっている人、また、 かかりやすい人はSOD誘導能が低いことがわかってきました。

このSOD誘導能を測定することで、老化の程度が計れるとともに アトピーや癌、脳卒中、心筋梗塞にかかる危険性も予測することができるのです。

 
SOD誘導能の測定の方法

 SOD誘導能の測定は次のように行います。血液の中のリンパ球・好中球を 試験管に入れ、そこに農薬のパラコートを入れます。パラコートは細胞の核を 傷つける毒性の強い農薬ですが、リンパ球・好中球はこのパラコートに よって細胞の核で作られた活性酸素を取り除こうとしてSODを作り出します。 するとリンパ球や好中球のSOD値が上昇します。この値をSOD誘導能と呼びます。

この方法を用いると、被測定者の身体には何の影響も与えずに、安全かつ 迅速に被測定者のSOD誘導能を調べることができます。

活性酸素は不飽和脂肪酸と結びついて過酸化脂質となり、血管、臓器、皮膚組織に 付着して徐々に生体に障害を与えてしまうのですが、アトピー性皮膚炎の 患者さんの場合は、過酸化脂質が皮膚の最上層の角層に付着して 皮膚の水分保湿機能を奪ってしまっているのです。

汚染地帯にいても、アトピーになる人、ならない人の差はSOD誘導能の差と考えられます。

医療法人 修命会
土佐清水病院
〒787-0306
高知県土佐清水市幸町5-3
TEL:0880-82-2511
FAX:0880-82-4925

------------------------------
1.癌治療
2.膠原病治療
3.アトピー性皮膚炎治療
--------------------------
<<医療法人 修命会 土佐清水病院>> 〒787-0306 高知県土佐清水市幸町5-3 TEL:0880-82-2511 FAX:0880-82-4925