医療法人 修命会 土佐丹羽クリニック|癌|膠原病|アトピー|高知県土佐清水市

 
※令和元年10月1日 土佐清水病院は土佐丹羽クリニックに改称致しました。
 
※当院は自由診療となっております(健康保険は適用されませんので全額自己
負担となります)。
 
※完全予約制となっておりますので、来院の際は必ず事前に予約をおとりくだ
さいますようお願いします。
 
本年5月より、本院は毎週日曜日が休診日となりますので、ご注意下さい
 

患者全員が食べてはいけない食事

 

患者全員が食べてはいけない食事

患者全員が食べてはいけない食事
 

食事アレルギーとは別に、アトピー患者が全般に食べたり、飲んだりしては いけない物に、チョコレート、コーヒー、ココアがあります。

これらの嗜好品は血管壁の刺激物質であり、特に私の医師としての 長年の経験から申し上げると、チョコレートを食べている子 供さんは、どんな治療をしても絶対によくならないどころか、持続的に 悪化していきます。大人ももちろんですが、子供さんのチョコレートは厳禁です。

それからお菓子については、朝から晩まで、缶ジュース、缶コーラや お菓子をしょっちゅう口に運んでいると、骨の発育が悪くなったり、ひどい場合、自家中毒 (嘔吐、食欲不振、るい痩など)を招きますので、全体量を制限してください。

先述したように13歳以上の成人では食事アレルギーが皆無になるとは 申しませんが、食事アレルギーがうんと少なくなります。 しかし、深夜までテレビを見てお菓子や、インスタントラーメンを食べるのは厳禁です。 お菓子よりもむしろ「寝不足、過労、ストレス」は、アトピー性皮膚炎を悪化させる元凶です。

受験勉強をやり始めると急にアトピー性皮膚炎が悪くなったり、就職して 非常に気を使う仕事についたり、気難しい上司のもとで仕事を始めたりすると、 皮膚炎が悪くなる例があります。世間一般では、食事アレルギーの究明が アトピーの治療の一つとして非常に強調されている反面、この精神的な面は あまり注目されていませんが、これもアトピーの治療にとって 大切なファクターの一つだということを忘れないでください。

医療法人 修命会
土佐丹羽クリニック
〒787-0306
高知県土佐清水市幸町5-3
TEL:0880-82-2511
FAX:0880-82-4925

------------------------------
1.癌治療
2.膠原病治療
3.アトピー性皮膚炎治療
--------------------------
<<医療法人 修命会 土佐丹羽クリニック>> 〒787-0306 高知県土佐清水市幸町5-3 TEL:0880-82-2511 FAX:0880-82-4925